HOME > 女性のAGAを知る

女性のAGAを知る

近年、女性が薄毛に関して悩みを持つ女性版AGAという言葉が認知されてきています。まずは女性のAGAについて理解を深めましょう。

女性版AGAについて

以前から薄毛の問題は男性特有のものと捉えられていましたが、近年女性にも男性と同じく薄毛の症状が見られることが明らかになりました。さらに、女性の薄毛の悩みは年々増加しており、看過できない問題へと発展しています。
男性が薄毛になる病気が「AGA」に対し、女性が薄毛になる病気は「FAGA(Female Andorogenetic Alopecia)」と定義されています。FAGAは日本語で「女性男性型脱毛症」の意味で、主に閉経前後や更年期に多く見られます。

FAGAの特徴

FAGAは、見た目上男性のAGAの症状とほとんど変化はありませんが、薄毛の進行具合に違いがあります。AGAは生え際や頭頂部など、ある1点に集中的に薄くなるのに対し、FAGAは頭皮全体で徐々に薄くなる特徴があります。
そのため髪全体のボリュームが少なくなり、薄毛が目立ちやすくなってしまいます。

FAGAの進行パターン

ルードウィック型
生え際が後退せず、ヘアラインは一定に保たれている一方、頭頂部から後頭部の範囲がびまん性に薄くなっていく特徴があります。
クリスマスツリー型
生え際から頭頂部の真ん中が、クリスマスツリー上に左右 に枝を広げるように薄くなっていく特徴があります。
ハミルトン型
男性による薄毛(AGA)と同じように、生え際にそり込みが
入っている特徴があります。

FAGAの原因

女性が薄毛になる原因は様々ですが、その中で特に多い原因が、体内にあるホルモンバランスの乱れにあります。女性ホルモンは髪の発毛・育毛を促進させる働きがありますが、女性ホルモンの量が減少するにつれて薄毛・抜け毛に影響を及ぼしてしまいます。

また、女性にも男性ホルモンは存在しますが、男性ホルモンの分泌量が優位に立ってしまうと、男性のAGAと同じように額の生え際や頭頂部から髪が薄くなってしまうことも考えられます。他には、加齢、ストレス、極端なダイエット、不規則な生活習慣、過度なダイエットなどが原因で挙げられます。